平成25年度税制改正法案が参院審議入り

2013年3月29日 更新

 

所得税の最高税率引上げや相続税の課税強化などを盛り込んだ平成25年度税制改正法案が参議院で審議入りしました。

 上記の増税措置ほか、贈与税暦年課税の税率構造緩和や、設備投資減税、孫への教育資金贈与に対する非課税措置の創設、住宅ローン減税の拡充といった減税措置も多数盛り込まれています。

衆議院の採決では自民、公明、民主など各党の賛成多数で可決。参議院でも野党第一党の民主党は賛成する方針で年度内に成立する見通しです。

最新情報一覧ページに戻る