復興特別所得税

2012年12月28日 更新

源泉徴収事務 

  2013年 1 月1日以後生じた所得の源泉徴収は、復興特別所得税を勘案した合計税率で行います。概要は、以下の通りです。

①給与所得は、復興特別所得税を勘案した新税額表に移行します。

②報酬・料金等は、10%(100 万円超部分 20%)等から、10.21%(100 万円超部分 20.42%)等へ変更。

③配当・みなし配当は、20%(上場株式7%)から20.42%(上場株式7.147%)へ変更。

④非居住者等所得20%等から、20.42%等へ変更。(  ※ 租税条約の規定により、国内法に規定する税率以下の限度税率が適用される場合は、復興特別所得税は課されません。)

最新情報一覧ページに戻る