延滞税の割合

2012年6月8日 更新

延滞税は、原則は、納める税金の額に対して、年「14.6%」の割合で計算します。ただし、一部は低率が適用されます。


すなわち、法定納期限の翌日から修正申告書を提出した日の翌日以後2か月を経過する日までの期間は年「7.3%」で、それ以後は年「14.6%」の割合で計算します。

ただし、年「7.3%」の割合は、平成12年1月1日以後、年単位で適用し、年「7.3%」と「前年の11月30日の日本銀行が定める基準割引率+4%」のいずれか低い割合となります。

(平成22年1月1日以後は4.3%となっています。)


国税庁HP参照

http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2026.htm

その他税制一覧ページに戻る