2013年度に休廃業・解散した医療機関は、集計を開始した2006年度以降で最多

2014年8月16日 更新

帝国データバンクによりますと、
2013年度に休廃業・解散した医療機関は303件。集計を開始した2006年度以降で最多となりました。

代表年代別では「70代」が最多。「80代以上」と合わせると約半数を占めており、代表の高齢化・事業承継問題が深刻化しています。

地域別では、9地域中6地域で増加。
「診療所」「歯科医院」は都市部での競争や代表の高齢化が深刻となっています。

詳しくは、
http://www.tdb.co.jp/report/watching/press/pdf/p140602.pdf

最新情報一覧ページに戻る