全部取得条項付種類株式とは

2012年2月26日 更新

1 全部取得条項付種類株式とは

全部取得条項付種類株式とは、「2種類以上の株式を発行する株式会社が、そのうちの1つの種類の株式の全部を株主総会の特別決議によって取得することができる旨の定款の定めがある種類の株式」です(171条1項、108条1項7号、309条2項3号)。

会社法制定前から行われていた、「100%減資」は、会社更生手続・民事再生手続以外でそれを行う場合には、株主全員の同意を要すると解されていました 。しかし、それでは迅速性に欠けるので、会社法では、株主総会の特別決議により会社が株式全部を強制取得することができることを可能にすべく、全部取得条項付種類株式の制度が創設されました。

全部取得の対価を別の種類の株式とすることにより、全部取得条項付種類株式は、ある種類の株式を別の種類の株式に「転換」する作用を持つこととなり、少数株主対策や敵対的買収防衛のツールとして利用されています。

全部取得条項付種類株式を利用すると、株主の全員の同意を得ることなく株式の全部が取得されるので、取得されることとなる株式を有する株主の利益を保護する必要があります。そこで、会社法では、その取得に株主総会の特別決議を要求するとともに(171条1項)、取得対価に不服のある株主に対して裁判所に対する価格決定請求権が与えられました(172条)。さらに、種類株主総会での株式買取請求権が与えられます(116条1項2号)。

 

2 全部取得条項付種類株式を利用して100%減資を行うための手続

①2種類以上の株式を発行する株式会社となるための定款変更(会社が種類株式発行会社でない場合)

②既発行普通株式を全部取得条項付種類株式にするための定款変更

(i) 既発行の普通株式を全部取得条項付種類株式にするための定款変更を行います(322条1項1号参照)。

定款変更をするためには株主総会の特別決議が必要とされます(309条2項)。全部取得条項付種類株式の内容として、定款では次のような事項を定めておく必要があります(108条2項7号)。

(イ) 取得対価の価額の決定方法3 (ロ) 全部取得を実行するための株主総会決議を行うことができる条件を定めるときは、その条件

100%減資の場合、(イ)については無償と定め、(ロ)で条件を定める場合には会社に破産原因たる債務超過があることを条件として定めることが考えられます。

(ii)さらに、全部取得条項を付される種類株式の種類株主総会の特別決議(111条2項、324条2項1号)が必要となります 。この場合、反対株主には、株式買取請求権が与えられます。

③全部取得条項付種類株式取得のための株主総会特別決議

株主総会の特別決議により、全部取得条項に基づき、会社が既発行の全部取得条項付種類株式の全部を取得して消却します。取得の際には、株主総会の特別決議の他に、種類株主総会の決議は必要とされません。

株主総会の特別決議では、取締役から当該株式を取得することを必要とする理由の説明を受けた上(171条3項)、次の事項を決定する必要があります(171条1項)。

(i) 取得対価の内容、数額等又はその算定方法(ii) 取得対価を交付する場合は、その割当てに関する事項(iii) 会社が全部取得条項付種類株式を取得する日(取得日)

100%減資の場合、(i)の事項については定款の定めに従い無償と決定することになります。

(なお、100%減資を迅速に行うという制度創設の目的が達成しうるよう、(1)から(3)の決議は一回の株主総会において行うことができると解されています。)

(2)敵対的買収防衛策への利用

①株主総会の特別決議で発行済みの普通株式を全部取得条項付種類株式とするための定款変更を行った上で、②さらに株主総会の特別決議により全部取得条項付種類株式を会社が取得し、その対価として取得条項付株式を交付することが可能です。

取得条項付株式の内容として、買収者が一定の割合以上の株式を取得したときに買収者の保有する株式を会社が取得すること及びその取得の対価として議決権制限株式を交付することを定款に定め(108条2項6号)、買収者の持株が一定割合以上になったときには、買収者の保有する株式のみを取得し代わりに議決権制限株式を交付することが可能とされています。

なお、全部取得条項付種類株式の取得の際に有償で対価を交付する場合、取得対価である金銭等(当該会社の株式を除く。)の帳簿価額の総額が取得日における分配可能額を越えてはならないとされています(461条1項4号)。

 

3 取得条項付株式との違い

全部取得条項付種類株式の取得には、株主総会の特別決議が必要となります。取得条項付株式に関しては、一定の事由が生じた場合、株式会社が、株主の同意なしにその株式を取得することができます。

会社法・会計一覧ページに戻る