トップページ

2015年5月2日 更新

中小企業のアウトソーシングを支援します。

年商1億円未満の中小企業の記帳代行専門の会計事務所です。

経営者様は、本業に集中してください。私たちは、支援いたします!

次のような会社様、私たちが代わりに経理をいたします!

  • 社長様が経理も担当。営業で忙しいのに、経理の仕事のために時間を割きたくない。
  • 多忙で経理が停滞、支払いミスや請求漏れ。試算表は2ヶ月遅れ。経理の人材がいない。
  • 奥様が経理のために今日も残業。本業に手が回らなくなってしまうので、経理を丸投げしたい。
  • 経理担当者が辞めてしまった。ただでさえ営業で忙しいのに、採用や教育のために時間を割くのは、とんでもない。
  • とにかく経理をスムーズにしたい。せめて会計ソフトの入力と集計業務だけでも外注したい。

自社で経理をするって大変ではありませんか?

中小・零細企業では、社長様や奥様が、営業の傍らで経理業務をされている場合が多いのではないでしょうか。

 パソコンと会計ソフトの低価格化で、中小企業が自社で経理(自計化)をするのが当たり前とも言われています。しかし、果たして本当なのでしょうか?

  • 「試算表が2ヶ月遅れでしか作れない。」
  • 「経理の能率が悪く、余計な時間がかかって、残業ばかり。」
  • 「経理のミスが多く、会計事務所の手間がかかるので顧問料も高くとられてしまう。」

 これらは、自社で経理をしている中小企業でよく耳にする話です。

「経理なんてパソコンに数字を入力するだけ。」と軽く考えて自社で経理をしてみたものの、中小企業では、経理経験者は簡単に雇用できないのが現実。

結局うまくいかず、経理が経営の足を引っ張っているのが現状ではないでしょうか。

中小企業の7割は、経理担当者が1人以下中小企業庁「平成22年度中小企業の会計に関する実態調査」)

中小企業では、経理の人材は不足しています。そもそも、日本には、手先が器用で技術に長けている人材は、豊富にいます。一方で、計数に強い、経理の得意な人材は希少です。そのため、高給です。

人材採用のための手間時間とその費用さらに、採用後の給料社会保険手続きとその負担

結局、高いコストと時間をかけて利益が減るし、売上は増えないのです。

手間のかかる経理は、私たちプロにお任せください。

経理業務を一部でもアウトソーシングすれば、経理業務を行っている時間を他の業務に振り向けられ、営業強化と経費削減の一挙両得になります。 

記帳代行を依頼すると、こんなに楽になるなんて。

もっと早く依頼すればよかった。そんな声が寄せられています。

経理を手放し、空いた時間で営業力アップ。さらにコスト削減も!

皆様を面倒な経理処理から開放し、新たな時間を提供します。

ライバル企業は、既に、経理代行を利用して経理の人員を減らしています。

零細企業なら、パソコンへの入力だけでも外部化(記帳代行)すれば、ほとんどの問題は解決です。

ハンドフリーで経営に、営業に専念できます!
パソコン入力代行だけでも効果は大!
経理担当者は不要で人件費がダウン!採用活動も不要。
経理の勉強も不要!会計ソフトも不要!
支払い漏れ、請求ミスの心配はもう不要!

らくな決算をしたい方のための

決算代行は6万円から

税務署から申告書の用紙が送られてきたが、まだ何もしていない。もうすぐ決算なのに、やっと入力が終わっただけ。このままでは、申告書の提出が間に合わない。
決算申告が複数年たまってしまった。

そんなことで、お悩みの方。ぜひ一度、ご相談ください。

TEL.0120-963-133(お問い合わせ専用フリーダイヤル)

お気軽にお問い合わせください! 

メールでお問い合わせはこちら≫

記帳代行ならおまかせ!

会社創業支援

会社設立から資金調達・助成金の相談まで創業をまるごと支援

少人数でのビジネス立ち上げを強力にサポートいたします。

詳しくは、右記サイトへ→http://kaikei-nandemo.com/

 


 日本企業の生産性は、先進国で最低レベル!?

中小企業白書によりますと、

「我が国の労働生産性の水準は、米国の7割程度であり、G7やOECDの平均と比べても低い水準にある」(2006年の各国労働時間当たりGDP)

のだそうです。先進国中最低クラスです。

これは、なぜでしょうか?  

 その秘密は、分業化=アウトソーシングにあった!

欧米の企業社会では、弁護士や会計サービス会社を始め専門サービスが充実しています。そして、法務、税務、経理などはアウトソーシングするのが一般的で、高度に分業化されています。

分業化は、社内だけで完結するものではないのです。 

一方、日本では、登記や経理を始め法務、税務、経理などは自社でやることが普通です。企業社会の中での分業化が未成熟であることが、米国をはじめ他の先進国との決定的な違いなのです。

 

経理という手間のかかる仕事を、なぜ社長や正社員にやらせるのか?

理由は、お金を扱う仕事だから。

では、その部分だけ手許に残して、あとはまる投げしましょう!

もうそろそろ、社長様は、社長業に専念し、

幹部は管理業務に専念する時期ではありませんか。

中小企業の7割は、経理担当者が1人以下 (中小企業庁「平成22年度中小企業の会計に関する実態調査」)

という調査結果が出ています。

一部の中小企業は、既に、経理代行を利用して経理の人員を減らし、

業績を向上させていることがこの数字から読み取れます。

ライバルより早く対応しましょう。

 会計ソフト「MFクラウド会計」

 当会計事務所の強み

  • 主力スタッフは全員簿記2級以上、経験10年以上で、大手会計事務所に負けない体制を築いております。
  • 経験豊かなスタッフが、お客様のニーズに応じ、オーダーメイドで対応。「経理にわずらわされたくない」会社様をとことん支援いたします。
  • 記帳代行に特化することで、大手並みの品質のサービスをリーズナブルな価格で提供しております。

マイベストジョブで求人募集中!

 

Hajime Fuchigami | バナーを作成