受験申込者減が止まらない「税理士試験」

2013年8月1日 更新

国税庁が7月17日に公表した平成25年度(第63回)税理士試験の概要によりますと、申込者数は5万5332人で前年度に比べ約3千人減少しました。

 ここ数年の申込者数は、
平成19年度6万4706人→
20年度6万3409人→
21年度6万2830人→
22年度6万2996人→
23年度5万9975人→
24年度5万8453人
と推移、22年度を除き申込者減が続いています。

 一方、合格者(5科目に達した者)数は、
平成19年度1014人→
20年度964人→
21年度1058人→
22年度999人→
23年度1094人→
24年度1104人
と推移、毎年度1000人前後の合格者で大きな変動はありません。

 平成25年度の税理士試験は、8月6~8日の3日間試験が行われ、12月13日に合格者の氏名が官報で発表される予定。

最新情報一覧ページに戻る