ワタミ、堂々のブラック大賞受賞!「ブラック企業大賞 2013」

2013年8月14日 更新

ブラック大賞は、やはり、ワタミでした。

ワタミは大賞のほか、
Web投票では70%近くの票を獲得し、一般投票賞も受賞し「ダブル受賞」となりました。


同社は昨年も、一般投票賞を獲得しており、
今年の候補企業の中で唯一、2年連続のノミネートでした。

同社は2008年に26歳の社員が入社後2カ月で自殺したことが話題となり、
ネットではブラック企業の代名詞として知られています。

このほか教育的指導賞は、
いわゆる「追い出し部屋」で従業員から訴訟を起こされたベネッセコーポレーション、
特別賞は薬学部助手が研究室から投身自殺した東北大学、
業界賞は入社1年目の女性正社員が過労死し、労働災害として認定されたクロスカンパニーとなっています。

厚生労働省が取り締まりに乗り出すなど、従業員に過酷な労働を強いる「ブラック企業」への批判が高まっています。

http://biz-journal.jp/2013/08/post_2676.html

最新情報一覧ページに戻る