役員賠償責任保険の保険料の税務上の取扱い

2013年5月25日 更新

1 支払保険料の税務処理

(1) 基本契約(普通保険約款部分)の保険料
 基本契約に係る保険料を会社が負担した場合の当該保険料については、役員個人に対する給与課税を行う必要はありません。

(2) 株主代表訴訟担保特約の保険料(特約保険料) 
 この特約保険料について、これを会社負担とした場合には、(役員に対して経済的利益の供与があったものとして)役員個人に対する給与として課税の対象とされます。

2 特約保険料の役員間の配分について

 特約保険料の役員間の配分は、実務上は、次のいずれかの方法など合理的な基準により配分を行った場合には、課税上許容されると考えられます。

 イ、役員の人数で均等に分担する方法 

 ロ、役員報酬に比例して分担する方法

 ハ、商法に定められた代表取締役、取締役、監査役ごとにそれぞれの役割に応じた額を定める方法

http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/tsutatsu/kobetsu/shotoku/gensen/040120/01.htm

最新情報一覧ページに戻る

その他税制一覧ページに戻る